菊地康正のサックス・メンテナンス・コンサルタントのページ




Sax maintenance consultant

 Kose Kikuchi




こんにちは。サックス奏者の菊地康正

です。サックスを快適に吹くには、
    
色々必要な要素があります。僕も 40 年

以上プロとして演奏し続けてきた

わけですが、初心者の知らない、色々な

で、よりいい音、より快適なサックス演奏

のお手伝いが出来るのでは?と、サックス・

メンテナンス・コンサルタントを始める

ことにしました。



僕のコンサルは、単なるサックスの

修理ではありません。


貴方の演奏する楽器に、なんと無く

違和感を感じながら、そういう作りな

のだからしょうがないと、サックスの

演奏に、いつもストレスを感じていま

せんか?

楽器屋の、世間の評判で選んだ

この楽器だが、もう少し、音程が

取りやすくなるのでは?

もう少し、操作性が向上する

のでは?


永年の経験から、まだ実現され

ていない、理想のあるべき

サックスの姿、
限りなくストレス

無く演奏できるサックスの状態、

マウスピース、リードの状態を

実現することは、実は可能

なのです。


サックス吹きの皆さん、下記

コンテンツを、是非注意深く

読んでみて下さい。貴方の

サックスライフが変わります。











★貴方の、大事な大事なサックス、のために僕の出来ること★




Sax maintenance consultant

 Kose Kikuchi
nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn


★新品のサックスを、

半年位の使用感まで、

なじませる


新品のサックスは、まだ、パッド(牛の

皮とフェルトで出来ています)が、ホー

ルにしっかりなじんでいません。微妙

に息漏れしている状態です。これを、

全パットを縛り、湯気を当てて、パッド

をなじませ、バネを可能な範囲で柔ら

かくし、その後に数時間演奏し、なじん

だ状態を作っていきます。半年位吹き

込んだ感じになります。


楽器を手渡しか(東京都目黒駅

までもって来て頂くか)、宅急便で

送って頂き、期間は1-2週間頂き

ます。

(アルト、テナー、バリトン、ソプラノ)

僕に楽器を預けると、数ヶ月で、信

じられなく、鳴りが良くなるのを知

っていた、ある生徒さんは、新品の

楽器を入手すると、先生2ヶ月預け

ますので、抜かしておいて下さいと

楽器をおいていきました。2ヶ月後

にはもちろん信じられなく抜けの

良い楽器となり実家に戻りました。

(笑)



★マウスピースの再生、

音色の変更


僕は、マウスピース職人ではないので、

フェイシングと言って、レールのリードの

振動部分をメンテすることは出来ません

が、サックス奏者の永年の経験と、メンテ

の実績はあります。

テーブル(リード密着面)及びボア(内径

部分)を、音色を見ながら削って調整し、

特にオットーリンクのマウスピースを、

再生するのは得意です。


特に最近のマウスピースは、ロック。

ポップス音楽に合うように、派手な音

に設定されている場合が多く、とも

すると、下品な音しか出せない状況

ですが、それを品格のある、奥行き

のある音の状態に持って行きます。


ただし、テーブルを削るので、以前

よりは少し空きの狭い感じになり

ます。また地味な感じのマウスピース

を、よりエッジの効いた感じに仕上

げることも可能です。


写真のラバーマウスピースに?マーク

があります。やり方は、企業秘密な

のでお見せできませんが、問い合

わせ頂けば、電話かメールで説明

いたします。

マウスピースを、宅急便で送って

頂くか、東京横浜名古屋、大阪の

レッスン会場
まで持参頂ければ

その場で作業します。


郵送の場合は、期間は1週間

ほど頂きます。(アルト、テナー、

バリトン、ソプラノ)




メンテ済みマウスピース、左から、Vandren V16,Otto

Link9、Otto Link11、Otto Link9(Rubber) 、Otto

Link9、いずれも快調です。

削れている面を見て、気が付くのは、テーブル面は、

実は決して平面ではないのです。

真ん中が凹んでいることで、リードに最適な抵抗を

与えています。



★リードの選定、リードの調整。

これは、可能なら東京横浜、大阪、名古屋の

レッスン会場
に来て頂き、貴方の奏法を確認

しながら、ちょうど良いリードの選定、また必要

なら、もっとも貴方に合うリードの削り方を

伝授します。一番良いのは、何十年も削って

きた人のやり方を自分の目で見て、やって

みて直して貰うことです。是非おいで下さい。

(アルト、テナー、バリトン、ソプラノ) 












      ★音程バランス調整★



Sax maintenance consultant

 Kose Kikuchi





世界的に有名なS社やY社のサックス

は、微妙に高音域が、ピッチが、高め

です。これを回避して、カイルベルスや、

ヤマハのような、正確な音程感のサッ

クスのような状態にすることは可能

です。

やり方は、ネックに或る操作をします

企業秘密なので、ここでは公開できま

せんが、これも問い合わせ頂けば、

電話かメールでやり方を説明いたします。

この方法だと、正確なピッチが得られ、

音は少しだけふくよかな感じになります。

(アルト、テナー)



★音程不調改善

貴方のテナーサックスは、もし数年吹

いている場合、なんだか調子悪いと言う

場合は、ネックが曲がっている可能性

があります。これは、マウスピースの

抜き差しで、ネックが下の方に折れ曲

がっている可能性が大ありということ。

断面が、完全な円形から、楕円形に

なるに従って、高音が吹きにくく、

ひっくり返りやすく、音程が取れなく

なります。有る操作をするだけで、

簡単に直り、快調な状態に戻す

ことが出来ます。テナーサックス

のネックは思ったより柔らかいの

です。

有る方に、この調整を施したところ、

買い換えを取りやめて、今までの

楽器で続けることになったことが

あります。(テナーサックス)





実は、僕の現在の愛機、カイル

ベルスSX90R、ブラックニッケル

ですが、中古で30万ほどで店頭

に並んでいました。

試したところ、操作性、音色、

音程、見た目の美しさが気に

入りすぐ購入したのです。

ほとんど使っていない新古品

の状態でした。しばらく使って

いると、どうも高音の調子が

悪い。ハハンと気が付いて、

ネックに或る操作をしました。

その日から、快調で、元の

持ち主はこの知識がない

ばかりに、高価な楽器を手放し、

結果的には、僕は、新品同様

の楽器を半額で入手できた

というわけです。知っているか

知らないかだけの話なのです。

 




★左手小指の4つのキー

の高さの調整。


最近のサックスは、左手小指の4つ

のキーが、高い位置にあります。

これが、低い位置に来ると、手に

なにも力を入れない状態の丸い手

で、サックスを持てるようになり、

演奏のストレスは、限りなくゼロ

に近づきます。


×
現行で市販されている

ほとんどのサックスを持つと、

こういう手の形になります。

オカマバーじゃあるまいし(笑)、

非常に不自然です。

この手の形が、自然です。

この手の形のままサックスを

持てるように、キーの位置を

調整していきます。




これは大変、手間の掛かる仕事で、いわば

楽器の改造です。まず、4つのキーを外し、

特にG#キーは金鋸で、切断し、溶接する

必要が有る場合があります。他の3つのキー、

C#,B,B♭キーは、外して、ゆっくり手作業

で曲げていきます。4つのキーの面を

揃えて、ちゃんと音が出るようにし、

バネの強さの調整も行います。最終

仕上げは、信頼できる楽器修理職人

に依頼し、完璧に仕上げます。

(アルト、テナー)




これは、僕の愛用のヤマハカスタム855

ですが、かつては、小指が高い位置に

ありました。でも改造して、非常に

自然な位置になりました。↓


G#のキーの足が短いのが見えます。

2回切り落として溶接しています。他の

3つのキーは曲げて下げ、仕上げて

います。
 

韓国製 Kim's sax  は、美しい銀メッキ、

小指の位置を大幅に下げて、仕上げ

のバランス調整が終わり、快適に

なりました。




★ストラップ用のフックの

溶接位置の変更、


サックスをぶら下げた時に、ちょうど口に

来るとそのフックの位置は貴方に合って

いますが、こちら側に倒れてきたり、向こう

に行こうとするサックスがあります。それは、

フックの位置が貴方にとっては合っていない

のです。

フックの位置を溶接し直すことで、全く

ストレスのない状態を作り出すことが

可能です。

最適な位置を、割り出した後、信頼できる

楽器修理職人に依頼し、完璧に仕上げます。


矢印の部分が、以前フックの

あった場所です。少し上に付け直し

することで、サックスが持った

だけで、ちゃんと口に来るので、

引き寄せて吹くストレスは無しです。



★右手親指用フックの

位置の変更


右手の親指のフックも、僕に言わせ

れば、ほとんどのサックスは下過ぎ

ます。F#変え指のカバーぎりぎりまで

上に持ってくると、サックスを持つ時

のストレスが減り、自然な手の

形で演奏出来ます。




下はヤマハカスタム

855アルトサックス,

下はカイルベルスSX90

テナーサックスです。

右手親指のフックは、

ウィンドブロス製の黒檀

(コクタン)です。

ぎりぎり上に引き上げて

いるので、本来有ったねじ

用の穴が上に来て露出

しています。穴をコルク

で充填するのも手です。

×
現行で市販されている

ほとんどのサックスを持つと、

こういう手の形になります。

非常に不自然です。



この手の形が、自然です。

この手の形のままサックスを

持てるように、キーの位置を

調整していきます。


★左手スプーンキーの

位置の変更



左手の手のひらか、指の付け根で押す3個

のキーも、場所が合っていないと苦痛なもの

です。これは、キーが比較的簡単に曲がる

ものなので、容易に変更は可能となってい

ます。

写真では、D,E♭キーを曲げて手に当たる

レバーの位置を変更しています。



実は、サックスは、若い楽器です。発明されてから

まだ200年しか経っていません。

バイオリンや、トランペット、ホルン、ピアノなどに

比べても、歴史は浅く、まだこれだという決定打、

最終形が出来ていない、開発途上の楽器です。

楽器メーカ−の方も、是非このページを参考に、

よりストレス無く演奏に集中できる出来る楽器を

作って頂きたいものです。


サックスを首から吊るのは当たり前を思って居

ませんか?人間の首はサックスを吊るようには

出来ていない(ブランフォードマルサリス)

まさにその通りで、首に全く負担の掛からない

ストラップを開発しました。

こちらで詳細をご覧下さい


費用のご案内




Sax maintenance consultant

 Kose Kikuchi


メンテナンス種目
料金目安

1.新品をなじませるメンテ
(アルト、テナー、バリトン、ソプラノ)

¥10,000−

2.マウスピース調整
(アルト、テナー、バリトン、ソプラノ)

¥10,000−

3.リードの選定アドバイス、削り方指導
(アルト、テナー、バリトン、ソプラノ)

¥8,000−

4.音程バランス改善(ネック)
(アルト、テナー)

実費

5.音程不調改善(ネック)
(アルト、テナー)

¥0

6.左手4つのキーの高さの調整
(アルト、テナー)

¥15,000+実費

7.右手親指用フックの位置調整
(アルト、テナー)

¥8,000−

8.ストラップ用フックの位置調整
(アルト、テナー、バリトン、ソプラノ)

¥5,000+実費

9.左手スプーンキーの位置変更
 (アルト、テナー、バリトン、ソプラノ)

¥3,000+実費

4,5 は、他のメンテを利用

される方は無料(+実費)です。

郵送の場合は、返送用の送料が

別に掛かります。レッスン会場に

来て頂く場合は、部屋代は

別途かかります。

実費は、仕上げに、信頼できる

修理業者に出しますので、その

費用です。

こちらから お気軽に、

お問い合わせ下さい。

お名前と、希望の種目を

お知らせ下さい。

また電話で相談は、

070-5468-5035 菊地まで。

楽器送付先:141-0021 

東京都品川区上大崎 2-13-35

ニューフジビル604

菊地康正

振込先:三井住友銀行

あざみ野支店普通5253196 又は、

ゆうちょ銀行10240-4 25955031













Copyright© 2017 Kose Kikuchi All Rights Reserved.
Web Design:Template-Party