菊地康正のマウスピース・リフェイスのページ





2018/4月から、マウスピース リフェイス

業務
も開始しました。(電話でもお問い

合わせ下さい。


Sax mouth piece reface 

sax maintenance consultant

 Kose Kikuchi




貴方のサックスマウスピース

リフェイスして甦らせます。


2018/4月よりサックスのマウスピースの

リフェイスのサービスを開始します。



フルート、トランペットなどと違って、サックス

は、リ−ドも。そしてマウスピースも消耗品

です。リードは解るとして、
マウスピース

は減るのでしょうか?


図を見てみましょう。


はい、その通りです。リード

が、一秒間に数百から数千

回振動して、ティップレール

サイドレールを叩いています。

どんどん減っていきます。



僕の場合だと、オットーリンクメタルは

寿命は1年です。

チェインバーの形、特に息が入る場所、

ボアと言います、の容積、形状は重要

です。また実際リードの当たるカーブ、

フェイシングは非常に重要です。

マウスピースには大きく分けて、

ハイバッフルとローバッフルがあります。




ハイバッフル

入り口は空気の容積が狭く、数センチで段に

なっていて、少ない息で大音量が出せる。鋭い

音なので、ロックフュージョン向き。
ローバッフル

入り口から中まで、寸胴で息がたくさん要る。

音はふくよかで丸く、スタンダードジャズなどは

向いています。





私菊地康正はプレーヤーとしては40年以上サックス

を演奏し続けて、あらゆるマウスピースを試

して、あらゆるジャンルの音楽を演奏して

きました。ジャズ、フュージョン、ロック、

ポピュラー、歌謡曲演歌まで。

菊地康正プロフィール


あらゆるシーンに必要な音が解ります。

何十年にも渡り、自分のためにマウス

ピースを調整し続けて参りましたが、ここ

に来て、フェイシングのカーブも、ほぼ

思い通りの形に削り出すことができ、

お客様にも満足していただけるレベル

に達したと判断し、リフェイサーとして、

名乗りを上げることにしました。

何十年に渡り、リフェイサーとしての

修行は積んで参りましたが、実際にお

金を頂いて皆さんのマウスピースを

リフェイスするのはこれからなので、

実際に調整した私の仕事が気に入って

いただけたら代金を頂きます。

貴方の引き出しに眠っている、昔

使ったマウスピースを私に預けて

下さい。新品か、それ以上の良く鳴る

マウスピースに再生してお返しいたし

ます。

すり減って劣化したマウスピースを新品か、

もしくはそれ以上の良い状態に持ってゆく

手順は下記です。


1.まずテーブルを完全な

平面に調整。オイルストーン

(砥石)を使用します。



2.フェイシングを整えます。

低音、中音、高音、フラジオ

それぞれがスムースにコント

ロール出来るカーブを削り出

します。オイルストーン(砥石)

を使用します。



3.ボアを、音が地味すぎず、

また派手で下品にならいように

調整します。

 棒やすり、紙やすりで削って

調整します。必要があれば、プラ

スティックのパーツで盛り上げます。


4.テーブルをきめの細かい

紙やすりで整え、
清掃して終了です。






リフェイス済みマウスピース、左から、

,OttoLink 9、10,11、Gottsu(tenor)



リフェイス済みマウスピース、左から、

,OttoLink 8、Vandren V16(tenor),Mayor 6(Alto)

いずれも快調です。



調整は、必ずリードをつけて音で確認し

ながら作業します。

料金は、1本¥8,000+送料でお願い

いたします。

現在のところ、取り扱うマウスピースは、

サックス用(アルト、テナー、ソプラノ、

バリトン)に限らせていただきます。

またメタルでも、ベルグラーセンの

ように、ステンレス製のものは、堅くて

作業不可能です。真鍮か他の金属、

ハードラバー製のマウスピースに限り

ます。

マウスピースを、宅急便で送って

頂くか、東京横浜名古屋、大阪の

レッスン会場
まで持参頂ければ

その場で作業します。


郵送の場合は、期間は1週間

ほど頂きます。(アルト、テナー、

バリトン、ソプラノ)


こちらから お気軽に、

お問い合わせ下さい。













こんにちは。サックス奏者の菊地康正

です。サックスを快適に吹くには、
    
色々必要な要素があります。僕も 40 年

以上プロとして演奏し続けてきた

わけですが、初心者の知らない、色々な

で、よりいい音、より快適なサックス演奏

のお手伝いが出来るのでは?と、サックス・

メンテナンス・コンサルタントを始める

ことにしました。



僕のコンサルは、単なるサックスの

修理ではありません。


貴方の演奏する楽器に、なんと無く

違和感を感じながら、そういう作りな

のだからしょうがないと、サックスの

演奏に、いつもストレスを感じていま

せんか?

楽器屋の、世間の評判で選んだ

この楽器だが、もう少し、音程が

取りやすくなるのでは?

もう少し、操作性が向上する

のでは?


永年の経験から、まだ実現され

ていない、理想のあるべき

サックスの姿、
限りなくストレス

無く演奏できるサックスの状態、

マウスピース、リードの状態を

実現することは、実は可能

なのです。


サックス吹きの皆さん、下記

コンテンツを、是非注意深く

読んでみて下さい。貴方の

サックスライフが変わります。


菊地康正のサックスメンテナンス

のページ
をご覧下さい。



費用のご案内







Sax mouth piece reface 
        &
Sax maintenance consultant

    Kose Kikuchi


メンテナンス種目
料金目安

2.マウスピースリフェイス

及びボア調整
¥8,000−

¥12,000

状態によります。


郵送の場合は、返送用の送料が

別に掛かります。レッスン会場

来て頂く場合は、部屋代は

別途かかります。

こちらから お気軽に、

お問い合わせ下さい。

お名前と、希望の種目を

お知らせ下さい。

また電話で相談は、

070-5468-5035 菊地まで。

楽器送付先:141-0021 

東京都品川区上大崎 2-13-35

ニューフジビル604

菊地康正

振込先:三井住友銀行

あざみ野支店普通5253196 又は、

ゆうちょ銀行10240-4 25955031














Copyright© 2017 Kose Kikuchi All Rights Reserved.
Web Design:Template-Party