2014/7/27(日) 

菊地康正 サックス・フルート道場 東京横浜教室 夏のセッションの記録



場所:西荻窪ココパーム、ホストバンド:外山安樹子(p)、菅原正宣(b)、沖田 篤(dr)ゲストボーカル:稲里 ひろみ 司会進行:熊川 暢子、片岡健二師範代、

監修:菊地康正


右の項目をクリック→  参加者の感想   師範代感想  菊地康正から参加者の皆様へ


下記写真をクリックして下さい。アルバムのページへジャンプします。




過去のセッションの記録はこちらでご覧になれます。
10年以上、休止していたサックス・マシーンズ復活のイベント第二弾は、
 

  参加者感想



横浜教室ーフルートの吉田です。セッション発表会では、皆様の生の演奏を間近で聴けて、たくさん刺激を受けました。

印象に残っているのは、最後のBag's Groove。今回の発表会に出席された、ほとんどの生徒さんが参加されてて圧巻でした。

総勢20人位いたのでしょうか?皆さん、アドリブを自分のオリジナリティーを出しながらもかっこよく演奏されてて、憧れました。

アドリブ吹けるようになりたい!頑張ろう!と強く思いました。個人的には、フルートの三宅さんと高橋さんの演奏が素敵


だなぁと思いました。難しそうなパッセージも美しい音で吹きこなしていて、かっこ良かったです。自分は、菊地先生が「美しいメロディ」ライブ

演奏されていた、Sunflower~Moon Riverのメドレーの楽譜をお借りして演奏しました。久しぶりに人前で演奏するということで緊張していたの

ですが、ホストバンドの方々の心地良いバックミュージックと演奏後の皆様からの温かい拍手にじーんときて、今でもその感覚が忘れられません。

音楽にたっぷり浸かった、とても充実した1日でした。ひろみさんの素敵な歌声もいっぱい聴けて至福でした(*^^*)

最後になりましたが、菊地先生をはじめ、熊川師範代、片岡師範代、企画・運営ありがとうございました。追伸:次回こそは打ち上げにも参加して、

皆様と色々お話できたらなぁと密かに野望を抱いています。

 

  参加者の皆々様、初めてセッションに参加させていただきました♪ウォータメロン・マン♪三浦 裕幸です。

最初は、拙い演奏を 少しでも笑いでカバーしようと、ハローウィンに因んでスイカのお面を頭に載せて演奏しようとか

色々考えたのですが、正攻法で 攻めた結果、見事玉砕してしまいました。

 前日、カラオケに出かけて、1番から6番まで出来のいい順にリードをケースに入れて置いた筈なのに、当日ケースの

裏表を間  違えて、あまり鳴らないリードに動揺してしまい、こんな筈ではないと思いながらも演奏は終わってしまいました。

 しかし、せめてのも救いは頷きながらニコニコ見守って下さった師匠のお顔と、見事私の拙い演奏を帳消しにして下さった熊川

先生のサポートに加えて、道場の仲間達の暖かい手拍子でした。今後、モチベーションにクレッシェンドをかけて、益々頑張り

ますので次回もよろしくお願いいたします。





 セッションに参加された皆様お疲れ様でした。写真班の友渕です。客席に華やかな美人がずらりと並んでいて目移りした

ことが原因で二曲吹いたどちらも散々な出来でした。途中で落ちるは繰り返し記号は見誤るわで曲の最後だけ帳尻を

合わせて終わりました。

 決算期末の売上の帳尻を合わせるサラリーマンの習性そのままです。とても聴衆がジャガイモやトマトに見えるほどには修行が

足りておりませんでした。このままではやめられません。次回パワーアップを狙います。皆様、そのとき改めて宜しくお願い致します。

会の運営のなかでは、特に片岡師範代の軽妙な司会振りがとても楽しくて、会場全体の盛り上がった印象が強く残っています。

有難うございました。また次回期待しています。


 

 稲津です。こんにちは。2014夏のセッションの感想などをアップします。とっても楽しかった

セッションでしたね。出演者も会場にいた人も両方が楽しんでいましたね。そんな機会を用意

していただいた師匠に感謝ですし、長い時間お付き合いいただいたリズムセクションの皆様、そして

師範代、ありがとうございました。

今回はフルートの方々が多く、皆様演奏が素晴らしいのもありますが、ドレスアップもなかなかの

ものでした。いつもは参加されながら、今回参加されていない宮沢さん、中村さん、鈴木泉さん、

砂場さん、残念でしたね。次回にご期待ください。

私のことになりますが、今回のセッションでは Everything must change を演奏させていただきました。実は、セッションの10日前に

師匠のレッスンを受けて、この曲を聞いていただいたのですが、ダメだしをいただきました。

ソロの部分は David Sanborn のソロをコピーしたのですが、32分音符を含む16分音符の連続で、遅れて元に戻れなくなる可能性が

高いから、テーマをくずした簡単なソロにしたらと言われたのです。一旦はそうすることにしたのですが、悔しいし、頑張ればどうにか

なると元のソロで行くことにしました。

結果、本番でもやはり遅れてしまいましたが、どうにか元に戻ることができました。終わり良ければすべてよし、とは簡単には言え

ませんが、吹ききれたことに満足しています。きっちりと吹けるように、されに練習します。



 こんにちは。中谷です。夏のセッション無事終了してホッとしてます。師匠、師範代、ホストバンドの皆様、ありがとうございました。

終わってみればとても楽しく(打ち上げも)過ごすことがてきました。

フルートの方が以前よりかなり多く、会場が華やかで皆さん堂々とした演奏が印象的でした。今回初参加の吉田さん、三浦さん、

布施さん多田さんも楽しんでおられたかな、と思います。三浦さん吉田さん、次回お話ししましょうね!

いつもながら、セッションの参加はいやいやで、というのは準備不足からくるものだとわかっていながら直前にならないと曲練習しないんです。

よね。その結果、テーマを間違えないか?と演奏に集中出来なかったことが反省点です。準備不足なりにいつも心掛けているのは、

今自分が出せるいい音で歌うっていうことでしょうか?今後の課題は基礎練ばかりでなく曲練習もやることなんですが・・・頑張っていきます。



 久々に発表会参加した千葉教室の、西川康子です。昨日はみなさんお疲れ様でした。師匠はじめ、師範代の

先生方、バンドの皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。みなさん、また一段とレベルアップした

気がします。

「うわ〜。みんな、すごいすごい〜。」 と聴いてて思いました。フルートの若い方増えましたね。華やかで素敵でしたね。

個人的には、吉田さんのフルートの音色が素晴らしかった。ダントツ一番と思います。うちの娘より1歳上とのこ。

中学の吹奏楽でやっていたとのことですが、今後の期待の星ですね。もう数年したらデビューできるのでは。。

私の演奏は。。一緒に行った娘(自慢の娘)曰く、「みんな楽しそうにのれてるのに、お母さん棒立ちでちっとも乗れてない。それに音ちい

さっ(小さい)。」はい、娘の言うとおり。

みんなの演奏聴いてるときはノリノリ!!だったのに、自分の演奏の時は体も口もかた〜くなっちゃってコチコチ。なんか違う世界に行ってる感じ。

アドリブの順番も間違えちゃったので、(誰も私が考えたアドリブなんて知る由もないのにね)修正できず途中で終わろうとしてしまった。

「バグズグルーブ」 のアドリブも前日一生懸命考えたんですが違うことをやっていた。小節もまったくかぞえられなかった。テーマもめちゃく

ちゃ。。でも、とっても楽しかった。

師匠と師範代の先生のサックスバトルもかっこよかった。ヒロミさんの歌と衣装すてきでした。アクセサリーもみんなに貸してくださいました。

みんな大きいものばかり。ステージって非日常だから大きいものの方が生えるんですね。今後参考にさせていただこうかと思いました。

ジャズって楽しいですね。ここの道場は多分レベルが高いんで一般の人が見ても楽しめると思います。一緒に行った娘(自慢の娘)もすごーく

楽しかったといっていた。娘もジャズベースを大学の時ちょっとかじっていました。私が使っているアルトサックスは娘が中学の時吹奏楽で

使用していたもの。これがなかったらやっていなかったかもしれない。娘にも感謝です。

また自慢の娘を連れて行ったことでいいことありました。ベースの菅原さんとお話しできたこと。もう何回も発表会でお会いしているのに

挨拶だけでお話したことなかった。娘がいたからかなと思う。

娘が大学のときジャズ部でベース(なんちゃってベース)をやってたことでちょっとベースに触らせていただきながらはなしかけてしまいました。

なんと菅原さんは20代になってからベースを始めたんだとか。びっくりしました。それでプロになってるなんてすばらしい。まあ天才的な素因も

お持ちだったと思いますが。。「あきらめずにとにかくやり続ければいつかきっとできるようになりますよ。」 といってくださいました。嬉しかっ

たです。やっぱそうだ。あきらめずに頑張ろうと思いました。娘もうなずいていた。

あと、ピアノの外山さんのソロが素晴らしかった。娘も感動していて、この3人で「ワルツ・フォー・デビィ」 やって欲しいなって言っていた。

菅原さんのソロも聴きたかったけど。まあそれらは今度個人的に彼らのLIVEに行くしかないですね。こんなすごいプロの方たちにバックを

やっていただけるなんて、本当に私たちは幸せものです。本当の意味でバンドの方たちと共演してるっていつか皆さんに思っていただける

ようにレベルアップできるといいなと思っています。

あと、kenji先生の司会がよかった。お話上津なんですね。kenji先生の司会で場が盛り上がってたと思います。前職でも明るくお話ししていた

こと思い出します。

1年前の夏に病気(子宮頸がん)を発症し、抗がん剤と放射線治療、そして今年の1月手術。(子宮全摘+両側卵巣切除)。レッスン再開

したのも6月からでした。一時は死も覚悟しましたが、まだこうして元気で生きてる。もう治った感じがしています。そして発表会にこうしてまた

皆さんと一緒に参加できたこと、とても幸せに思っています。生きててよかった〜。みなさん、また半年後元気でお会いしましょうね。



長野から参加したフルートの布施修一郎です。菊地先生他、ご参加の皆様お疲れ様でした。初参加でしたので、早く感想を

書き込まなければならないところ、大変遅くなりすみません。20年ぶりに荻窪方面に行きましたので、早めに荻窪駅で下車、

荻窪ラーメンで有名な春木屋さんで食してから伺いました。

感想としては、サックスもフルートも管楽器であることから、音が一番大切だなと感じました。音が出た瞬間に聴衆者としては演奏者の表現

しようとしている姿(演奏内容)にある程度の評価をし聴取態勢が整い、聞かせて頂きました。そういった観点からはサックスでは、アルトの

中谷さん、テナーの豊吉さんのらしい音が良かったと思います。フルートでは、三宅さん、高橋さんのアドリブの長いフレーズにも音のぶれが

少なく感じた演奏が良かったと思います。

私自身は、特に準備もなしに、良く勝手がわからない中吹かせて頂きましたが、もともと、アルトサックスの持ち替え楽器として使ってきた

フルートですが、息が苦しい、長時間の演奏が苦痛、などの理由で生徒になった次第で、約1年間ご教授頂いて来た、演奏、音に、対する

成果はイマイチだった様に思います。

また、慣れないキーでのアドリブには不安が一杯ですので、音作りと、移動ドの習得に励みたいと思いました。懇親会でも出席の皆様に

大変世話になりました。




フルートの高橋麻紀です。発表会お疲れ様でした。

普段はマンツーマンのレッスンなので、自分と先生の違いしか聴けません。が、同じフルートでも様々な音色、アドリブがあるんだ

なぁと。。当たり前のことなのですが、とても楽しかったです。

みなさんとてもすばらしい演奏でした!個人的に江尻さんの堂々とした演奏っぷり、場慣れした雰囲気などがとても印象に残りました。

女性らしいのになんて男らしいカッコいい方なんだろうかっ!さすがsax!。。と感激しました。

片岡師範代、ご一緒させていただきありがとうございました。とても吹きやすかったです!菊地先生、いつもこのような機会をありがとう

ございます!



フルートの三宅千央です。皆様発表会お疲れ様でした。久しぶりの参加なのに夏風邪で喉鼻をやられるという状態でした。

改めて管楽器奏者にとって喉鼻と良い呼吸、良い音が切っても切り離せないと実感しました。

フルートの方も多く、皆さんの演奏で良い刺激を受けました。またお会いできるのを楽しみにしております。

片岡先生の質問ですが、テーマを吹いている時に、その曲の美しいメロディを感じることよりも、アドリブになったらどうしよう?と不安になった

人いますか?

私は逆です。テーマのメロディがあまりにも美しく完成されているとアドリブが浮かばない、このままがベストでアドリブの必要があるのか?

と思ってしまうことがあります。単に私が未熟なだけなのですが…


感想遅くなりました。群馬教室江尻です。先週の道場ライブでは師匠、師範代、リズム隊の皆様、そして素晴らしい歌を

聴かせて下さったスタイリスト・ヒロミさん、たいへんお世話になりました。お陰様で楽しい時間が過ごせました!

今回印象に残ったのは、フルートの布施さんです。かっこいいフレーズの数々に、聴き惚れてしまいました。高橋麻紀さんや

三宅さんをはじめ、フルートは皆さんお上手で、吹いている姿も美しく、目と耳の保養になりました。

それから、西川康子さんと佐藤悦子さんがアドリブを立派に吹いておられたのにびっくりしました。たいへん努力されたの

だと思います。自分も頑張ろうと思いました。

何より西川さん、稲津さん、会えて嬉しかったです!熊川先生のアドリブもとても美しく洗練されていて感動しました。もちろん師匠、片岡

師範代の演奏は魅力的でいつか少しでも近づきたいと憧れます。

えっと、自分の反省は…前回から完全ノープランでアドリブに挑むと決めて演奏しています。やりながら、あらら、また同じことしちゃった、

指がうまく回らなかった…の連続で、ああ、またやらかしてしまった…と反省しています。

片岡師範代の質問…ここで、一つ!みなさんに質問です。

テーマを吹いている時に、その曲の美しいメロディを感じることよりも、アドリブになったらどうしよう?と不安になった人いますか?に答える

なら、YES!です。

でも、最近開き直ってきて、結局は自分が普段蓄えて来たことしか出てこないし、素の自分で勝負するしかない、と思うようになりました。

そうすると、少しテーマを吹くのに余裕ができてきました。誉めて下さった方もいらっしゃり、ありがたいと思っていますが、地元のセッション

に参加してはしょんぼりして帰る私です。蓄えを増やすしかないと思っています。これからも頑張りますのでよろしくお願いしますm(_ _)m



山口佳子です。遅くなりましたが、菊地先生ほか皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

何か書かなくては、と思いつつも忙しいのと気後れするのとで遅くなってしまいました。先生の「初心者でも大丈夫」との

社交辞令(笑)を真に受けて、1年半が経ちました。もともとの素養もない上に、仕事も家も忙しくて、全然レッスンもままなら

ない状態で毎回発表会は出たくないな、、、と躊躇しています。(躊躇しているような衣装に見えない、とのツッコミ、あると思います(;´д`))

学生時代はバンドをやったり、ダンスをやったり、音楽には親しんできましたが、実は、先生の所に来るまで、ジャズのア ドリブのことを

良く分かっていませんでした(今も分かっていませんが)ですが、レッスンを続けて、発表会で皆様の演奏を聴くうちに、私もアドリブが

やりたい!と思うようになりました。

まだまだ先は長くて、生きてるうちに出来たら儲けもの!(笑)と思って、ちょっとずつですが日々精進していこうと思います。歩みが遅す

ぎて「この人中々上手にならないな」と皆様に思われていると思いますが、焦らずにやっていこうと思います。

ちなみに、、、師匠&片岡師範代のお言葉に感化されて、20年ほどやっていなかったピアノをもう一度やろうと思い電子ピアノを買いま

した。土曜日に届いて、まだ弾いてはいません。うちの人に黙 って買ったものですから、今すごく怒ってます(笑)無視してやり過ごす予定

です(笑)



アルトの佐藤悦子です。遅くなりましたが、発表会お疲れさまでした。ありがとうございました。師匠、熊川先生や片岡先生

の素晴らしい演奏に加え、ひろみさんの歌がたくさん聴け、心に残る発表会でした。

ひろみさんの歌声は 、ジャズの全盛期のような強さがあるように感じ、なんて素敵なんだろう!と思いました。


私自身の演奏に関しての感想は、「ブルーボッサ」では自分の余裕のなさが悲しくなるほどでした。サックス同士のアンサンブルは、その

゛共感゛が心地よいものですが、今回の アンサンブルでの゛緊張 ゛は、とてもいい刺激になりました。ありがとうございました。

今回特に印象的だったのが、江尻さんの演奏です。音のきれいさと安定感(男らしさ)に加え、アドリブのまとまりも感じられました。

さすがですね。次回は私も、何か良さを残せる演奏をしたいものです。

いつも発表会に参加させたいただき、ありがとうございます。私は良くも悪くも、、発表会セッションに慣れてきました。また、みなさん、

冬に集まりましょう!!!



 稲里ひろみです。楽しい会に出席させて頂き、ありがとうございました。皆さんの確実に進化なさって行く様子を数年前

から拝見、拝聴しています。毎回、驚きの連続です。例外なく、レベルの高さに感心しました。加え、今年は和気あいあい

で、なんだかとっても楽しかったです。片岡師範代の司会の軽快さ、暢子師範代の細やかな配慮。愛に溢れた発表会でしたね。

当日朝にフト、私は歌のゲストで呼んで頂いたけれど“スタイリスト”としても楽しませてもらいたい??と思い付きました。

そして、アクセサリーひとつで女性の表情の変化する様子に喜びを覚えてしまいました。またそれ以上に、男性陣が感激(?)している事に

驚きました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

次回、ご期待・ご要望があればアクセサリーの種類を増やして登場したいと思います。手持ちの物は何でも提供します(((o(*゚▽゚*)o)))メイク

アップもついでに、、いかがですか*\(^o^)/*??

☆にしかわやすこ様、お褒めのお言葉と感想を、ありがとうございました。次回、非日常を思いっきり楽しんでみてください。緊張感がフッ

飛んでしまうかもしれませんね(*^^*)


  今回も楽しい発表会でしたね?テナーサックスの豊吉です。(トヨキチと読まないでね)サックス吹き

としてはサックスが例年よりも少なかったのが少しさみしかったですが、師匠の発想の曲の後に稲里ひろみ

さんが歌うと言う展開が凄くよく、サックス、フルートの演奏で輪郭を描き、ひろみさんの歌でそこに色が入った

ようにも感じました。

誰の演奏が、、、、と言うのは、皆さんも書いているように僕も同じような感想ですが、これは、、、、すこし

偉そうに聞こえてしまうかもしれませんが、予想範囲内と言うか、、、、、予想以上の進化はそんなに感じなかった

のですが、驚かされたのは穂積さんでした。(気を悪くされた方がいたらすみません) サンバのアレンジも、


練りに練ったアドリブも、今までにない穂積さんワールドを見せてもらえたように思いました。

が、、、、師範代の二人はもう別格でしたね?(汗・・・)どこまで遠くに行ってしまうのやら、、、、と言う感じでした。練習しろよ!って言う話です

が、、、、.。後は箱が良かったですね。音のまとまりが凄く良かったと思います。そのせいもあってか、各演奏にバンド感を感じました。

片岡さんの質問ですが、僕は教本の曲をやってるのもあるのかもしれませんが、普段言われてるアーティキュレーションやビブラートやリズム

などをいかに出来るかにいっぱいいっぱいで、逆にアドリブに入るまでアドリブの事を考えられず、アドリブに入ったところで、あっアドリブ

入った、、、、さぁどーしよ???、、、、って感じです。あっ、、、、これを読んでいる、師匠と師範代がパソコンのモニターの前でガクッとした

ような音が聞こえたのは僕だけでしょうか?(汗・・)。

・・・こんな感じです。新たな生徒さんも入りまた賑やかになってきましたね。生徒がそして卒業生まで、入り混じって仲良くでき、研鑽できる

菊地門下に入れて幸せです。みなさんこれからもよろしくお願いします。



  渋谷教室フルートの比留間です。2回目の参加でしたが、前回以上にとっても緊張してしまいました。皆さんの

手拍子がとてもありがたかったです。サポートして下さった三宅さん、ありがとうございました。

今回思ったのは、音の綺麗な方がたくさんいるという事。日々の練習ではついつい音符を読む事に集中してしまい、

自分の音を聞くことを怠ってしまいがちです。

そこで、音に集中し練習してみましたが、納得いく音って難しいです。次第に音の良し悪しまで分からなくなって

きたり。美しいメロディーを聞いて耳を肥やすことも大切ですね♪

皆さんのアドリブとっても楽しかったです。私もあんな風に吹けたら楽しいだろうな〜と思いながら聞いてました。アドリブは無理、難しいと

思ってしまうのですが、これはできる出来ないじゃなく、度胸の問題なのではないかと。やるのだ!という気合があれば乗り切れるのでは

ないか。そう思えてきました。それともやっぱり練習?挑戦したくなってきました。



師範代の片岡健二です。発表会お疲れさまでした。最高に楽しかった発表会でした。あっという間に一週間

がたちましたね。書き込みが遅くなってすみません。ココパームの場所の良さにひひかれ、、思った以上に

マイクでしゃべってしまいました(笑)。カミカミの司会でしたが、皆様に助けられて会を終えることができて、

ホッとしています。

フルートの生徒さんのレベルの高さに驚かされましたが、個人的には、三宅さんのフルートが良かったです。

演奏はもちろん、見ていても人とはなにか違う個性や雰囲気を感じることができました。なによも、しっかり腰

でリズムをかんじている吹き方がとても参考になりました。

千葉教室から参加の西川さん、レッスンをおやすみしていたのですが、やっと復活して発表会に参加してくれて嬉しかったです。お嬢さん

も来場いただき、ありがとうございました。(自慢の娘です)とコメントしていたことにとても感動しました。自分の家族を自信をもって紹介

できる母親の姿に感動しました。その気持ちが、いつか演奏にもあらわれてくることを期待しています。

豊吉さん・・最近は本当に忙しくしていて、その責任ある立場かさまざまなことに取り組んでいていることと思います。楽器を演奏するもの

にとって、人とは違う音や音楽表現、ファッションであったり、トーク術であったり、、。そういう個性みたいなものが少し見え始めたのかも、。

と、そう感じさせる演奏を聴くことができて嬉しかっです。

アドリブを吹いた人、教室の書きソロを吹いた人、自分で考えたそろを暗記しいぇ吹いた人、、さまざまなな生徒さんがいました。演奏に

おいてもソロがうまくいかなかったあ、、。というお話しをたくさん聞きましたが。。たしかに楽器の上達にはとても重要なことかもしれません

が、、。私はどんな素晴らしいアドリブをすることよりも、その曲のテーマメロディを理解して美しく、かっこ良く、しぶーく吹けることの方が素

晴らしいと思っています。そういう意味でも、ヒロミさんの歌声を何度も聴けたことがすごく嬉しかったです。

楽器を演奏するもにとして、その曲の意味や雰囲気を感じるには歌を聴くが本当に必要だし。。何よりも、ヒロミさんの声が大好きなの

です。これまでもヒロミさんの歌を聴く機会がありましたが、今回はいままでにないリズムを感じることができて、なんだか楽しくなってしま

いました。

私は、人間の声に勝ることのできる楽器は無いと思ってます。それはメロディに歌詞をのせることができるということであるのですが。

サックスやフルートでも、言葉をメロディにのせることはできなくても、その思いはきっとのせて吹くことができるのではないか?と思ってい

ます。

菊地師匠の側にいる理由は、師匠の音には言葉以上の師匠の思いを感じることができるからではないか?と最近感じています。


ここで、一つ!みなさんに質問です。テーマを吹いている時に、その曲の美しいメロディを感じることよりも、アドリブになったらどうしよう?

と不安になった人いますか?



師範代の熊川暢子です。発表会お疲れ様でした。とても気持ちのいい発表会でした。司会の片岡師範

代の温かい司会がとても良かったです。

そして、ヒロミさんがたくさんのアクセサリーをもちよって、女性奏者にコーディネートしてくださったの

も場を一層盛り上げて下さいました。

私にも大きめのイヤリングをつけていただいたのですが、とても気に入ってしまいました。8月27日

のサックスマシーンズ東京ライブの出演の際は、是非つけようと思います。

それから会場も今回から西荻窪ココパームにかわり、広々として良かった。いろいろな要素が加わって、今回は皆がつくってくれた

発表会という気がしました。


演奏では、江尻雅江さんのYou'd Be So Nice が印象的でした。アドリブが精練されてきた感じです。間の取り方も上手くなって、いい味

がでてきました。

あと私の生徒の、稲津さんも良かった。Everything must changeで、以前では考えられなかったソロのコピーをして、自分なりに吹きやす

いようにアレンジして見事に吹ききりました。今回初発表会となった三浦裕幸さん。初参加でいろいろと戸惑う事もあったと思いますが、

本人が落ち込む程悪くなかったです。次の発表会で、リベンジ期待してます。

次回の発表会も、また今回と同じ場所がいいなと思います。2014/8月27日もこの場所で、サックスマシーンズのライブをやりますので、

是非足を運んでサックスアンサンブルを味わってください。お待ちしてます!




 菊地康正より、夏のセッション参加者の皆様へ、感謝の言葉。

  まず、他の教室ではなく、菊地道場を選び、通学されている方に感謝申し上げます。本当に、お一人お一人が、

  今までの経験も素質も性向も違い、それに合った指導を心がけて何十年ですが、本当に皆さん持っているものが

   違うものですね?感心します。

決して発表会には全く出ずの方もいますが、一度でも参加された方は、その効果や楽しさを知っているので、イヤだけど出たいという

人も居る始末(笑)。生死の境を彷徨う大病から生還されて参加した方もいます。

普段は、私と生徒さん、又は師範代と生徒さんのマンツーマンの関係が、こういう会に参加することで、横のつながりが出来ること、また

終わってからのこのトークセッションが楽しい。こうも違うのか??という皆さんの見ているポイントが人によって違うと言うことにいつも

驚かされます。

それにしても、楽しい、アットホームな雰囲気の会でした!!!

実際の演奏内容や、ステージング(動作立ち振る舞い)に関する細かいコメントは、レッスン時に皆さんに直接お伝えするとして、ワンポイント

で所感を述べたいと思います。



★三浦さん(as)・・落ち込まないで下さいね?堂々と吹いていました。良い経験です。インザムードも楽しかったのでは?

★友渕さん(fl)・・慌てているようには見えなかった、美女がずらりと並んでも、平常心で行きましょう。友渕さんもカッコイイですよ。

★布施さん(fl)・・自由にのびのびやっていました。

★豊吉君(ts)・・歌心とハートが出てきました。積み重ねが解ります。

★比留間さん(fl)・・しっかり吹いてくれました。

★吉田さん(fl)・・ひまわりとムーンリバー、直前で、あれこれ音域をどうしようと仕込みました。音程音色も狙い通り、堂々と吹いてくれました。

★江尻さん(as)・・自信が付いてきたようです。ストーリーも感じられ、ジャズを感じましたよ。インザムードもしっかり吹いてくれました。

★西川さん(as)・・自慢の娘さんを連れて参加おめでとう。以前より、しっかりリズムも音も出ていました。

★中谷君(as)・・いつも遠方より、今回は特にイヤなのに参加有り難うございました。基礎練に教材ソロの暗譜演奏を追加しましょう。

君の頭脳と指が、勝手にアドリブしてくれますよ。君は指令を出すだけです。やれ!と念ずるだけです。

★佐藤さん(as)・・着実に、自力が付いてきています。しゃくりはするところとしないところをはっきりさせようか?

★多田君(as)・・・吉田さん(fl)、佐藤さん(as)とともに、平均年齢を下げてくれて有り難う。とても嬉しいです。しかも素質大いに有りと来ている。

フライミーの途中で、拍手が来たのを覚えているだろう?これは誰でも出来ることではない。早く書き込んで!!

★穂積さん・・・絶対に自分で書いたソロを吹きたい穂積さん。難しいと自分が苦しいのが解ってきて、解りやすくなってきました。移動読みも

拍子感覚も、フルートの音も良くなってきているのには、いつも驚かされます。

★稲津さん・・・やはりどうしても自分の作成した難しいソロをやりたかった稲津さん。なんとか戻れました。経験を積み上げて、リサイタルの

成功を願っていますよ。

★三宅さん(fl)・・・見かけに似合わぬ太くて存在感の有る音、ソロの内容も立派になってきました。僕は聞きながら楽しく踊ることが出来ました。

★高橋さん(fl)・・・今回は、難しいリカルドの書きソロでした。相当の演奏力がないと吹けないソロでした。今度はアドリブだね?

★山口さん(fl)・・今回は、ミスティのリードと枯れ葉のテーマだけでしたが、しっかり吹いてくれました。衣装でも存在感を出してくれました。

★片岡健二師範代(ts)・・司会の軽妙さが巧みでした。演奏でも、長足の進歩にいつも驚かされます。

★熊川暢子師範代(as)・・・サックス・マシーンズのライブを経て、また別人になりつつあるね?

稲里 ひろみさん(Vo)・・・いつも有り難うございます。今回は、スタイリストとしても活躍、歌は、深みを増しています。この人のアルバム

僕がプロデュースしたいなと思っています。また、女性陣のコーディネーター、スタイリストとしての活躍にも感謝します。

男性陣の反応が凄かったですね?

・・・というわけで、皆さんの演奏から伝わる熱い思いに、音楽をやってきて良かった、教室をやってきて良かった、日夜演奏し、教えて、本を書

き教材を作り続けてきて、その甘美な果実の豊潤な味わいに心から幸せを感じる日でした(笑)。

参加の皆様、通学の皆様、今まで通学されていた皆様に心から感謝します。有り難う。有り難う。・・・いやまだ全然足りないや!

有り難う。有り難う。有り難う。有り難う。有り難う。有り難う。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ K




これを機会に、参加者の皆さんのことを詳しく知りたい方は、生徒情報ページサックス生徒情報ページフルート
(生徒さんだけが見られるようパスワードが必要、パスワードは予定表ページ)

予定ページのパスワードを知りたい方はお問い合わせ下さい。






発表会曲順表



1部

1.Water mellon man(F) 8 beat 三浦 裕幸(as) 熊川 暢子(as)(サポート)

2.Autumn Leaves(Gm) jazz  友渕 満広(fl)2山口佳子(fl)1

3.Fly me to the moon(C)jazz  布施 修一郎(fl) 菊地康正(サポート)〜稲里 ひろみ(Vo)

4.If I should lobe you (Gm)Bossa Nova 豊吉 宗寛 (ts)+片岡健二師範代

5. All of me (C) jazz  比留間 三恵(fl)1、三宅 央恵(fl)2   〜稲里 ひろみ(Vo)(F)

6.sunflower-over the rainbow medley 吉田悠希(fl)菊地康正

7.You'd be so nice to come home to jazz  江尻 雅江(as)



2部

1.Autumn Leaves(Gm) jazz  西川 康子(as)、片岡健二師範代〜稲里 ひろみ(Vo)

2.Lullaby of Birdland (Fm) jazz  中谷 実(as)+熊川 暢子師範代〜稲里 ひろみ(Vo)

3.Fly me to the moon (E♭) jazz  佐藤悦子(as)、多田雄貴(as) 片岡健二師範代

4.Over the rainbow samba(C)  穂積信道(fl)菊地康正

〜over the rainbow(Vo)稲里 ひろみ 

5.Everything must change(Gm)Slow Ballad 稲津 邦夫(as)+熊川 暢子師範代

6.Manbo inn Latin(F)  三宅 央恵(fl)熊川 暢子(as)

7.Recado Bossa Bosa nova(Gm)高橋 麻紀(fl)、片岡健二師範代


3部

アンサンブル、セッション曲、●はセッションリーダー


Blue bossa ●三宅 央恵(fl)1,高橋 麻紀(fl)2、布施 修一郎(fl)3,吉田悠希(fl)4、佐藤悦子(as)1

Misty 山口佳子(fl)1、友渕 満広(fl)2,比留間 三恵(fl)3 ●熊川 暢子(as)〜稲里 ひろみ(Vo)

In the mood 三浦 裕幸(as)1、●熊川 暢子(as)2、豊吉 宗寛 (ts)1、片岡健二(ts)2

Bag's Groove (F Blues) 自由参加


4部 講師演奏








2011夏のセッションの模様です。


過去のセッションの記録はこちらでご覧になれます。







ジャズ,サックス,フルート,アーティスト,ライブ,レッスン,cd,レコード