My Spanish key 発売記念ツァー
2006年4〜5月 その2

●KOSEの新作、スタンダードジャズアルバム

「My spanish key」発売記念ツァー、

4/28〜5/7。


● 4/28 東京タック、

● 4/30 横浜バーバーバー、

● 5/3 名古屋スターアイズ、

● 5/4 京都ラクラブジャズ、

● 5/5 大阪梅田十字屋ハーピス店、

● 5/6 大阪ジャズオントップ、

● 5/7 神戸カフェ万屋宗兵衛、
と七カ所でコンサートツァー。

観客総動員数合計297名でした。応援有り難うございました。



14ページ /16ページ

ページA ページB1 ページ2ページ3ページ4ページ5ページ6ページ
7ページ8ページ9ページ10ページ11ページ12 ページ13ページ/14ページ



大阪十字屋梅田店にて、菊地康正、菅原正宣、2006/5/5


2006/5/6、大阪ジャズオントップにて

ピアノの多田恵美子さんと。

生徒の江頭恭子さんと、斉藤慶一くん。

岡田 佳大(drs)


「大阪ライブは、大爆発!(笑)」 昨夜の大阪ジャズオントップライブは、大盛り上がりで爆発状態!お客さんの入りと乗り

がすごかった。入れ替わりもあったが、先日の東京タックのライブ100名弱に次ぐ、70余名。ほぼ満席状態。真に有難い事です。

(感謝)


 もうこのメンバーで演奏するのも、4夜目に入って、メンバーもいっそうコミュニケーションが取れて来て、(ピアノの多田さんと、

岡田、菅原組みは初顔合わせ)改装されたジャズオントップは雰囲気も音響もすばらしく、いいライブができた。


 特筆すべきは、ドラムの岡田君のご両親はじめ親族、友人ご一行様14名、それと鳥取県のある町からやってきたという、

老若男女11名さまご一行である。有難い事です。(感謝)

 その発案者、トロンボーンを吹くという若者は、ネットで私のCDを試聴、大変気に入って、町の飲み仲間を10数人誘って、

大阪まで出てきてジャズクラブツァーを展開しているということだった。有難い事です。(感謝)


 彼の批評も的を得ていると思う。・・・(KOSEさんの)アドリブがすごく自然で、自然に体と心にす〜〜!と入ってくるんです。

・・・ うれしいな、こういう批評は・・指を早く動かそうとおもったら、いくらでも早く動かすことは可能だけど、いつも、聞いている

人が、耳がついていける範囲での動きにしているつもりだからね?


 後は、いつでも、たった今時分の出した音、ほかの人の音を聞いて、それに関連性がある音を考えて吹いているつもりだからね?

これはジャズの伝統でもあり、クラシックなども実は同じ原理でできていると思う。それを心がけることでストーリー性のあるソロが

作れるし、お客さんを飽きさせないということだろう。


 生徒関係も沢山来てくれました。関係者の皆さんありがとうございました。コメント、感想、どんどん掲示板に書き込んでください

ね?さあ、今日は神戸ライブでラストです。短いツァーだったけど、うれしいような寂しいような不思議な気持ちです。みんな有難う。

(泣笑)

●昨夜の演奏曲リストです。

一部・・
1.I hear rhapsody 2.Airgine 3.Everything 4.Mhina flauta de Prata (私の銀の笛)(Fl)5.Eternal lover(Fl) 6.Tales of country

7.Felicidade
二部・・
1.My spanish key 2.It might as well be spring (春のように)3.Nella Fantasia(Fl) 4.Spain (Fl)5.I am a fool to want you

6.Just one of those things 7.Very Early 8.I"lll remember April 9.Samba Tokyo-Yokohama (5/7大阪にて)


● E R 君からの当日の感想をアップ

ジャズ・オン・トップ・・・よかったです!お疲れさまでした!いや、もう素晴らしいライブでした!師匠のサックスも、フルートも、

相変わらず素晴らしかった。というより、最近ますますよくなってるんじゃないでしょうか。

 テーマの説得力もソロの構成も、一段と迫力を増してます。バップ一辺倒でなく、ブルースやロックやクラシックや、様々な

音楽の要素を分け隔てなく取り込み消化した師匠ならではの、独特な歌い方。キツ目のテンションを連発しながらもあからさまな

アウトはして行かない、ギリギリの緊張感。伸びたり縮んだり変幻自在のリズム感。他のサックスプレイヤーのライブでは聞いたこと

のない、ワンアンドオンリーの世界です!


 このメンバーでのライブも今日で三日目ということで、メンバーの息もぴったり。中でも「暴れん坊将軍」こと岡田ケータ大先生の

「自由気儘ドラミング」は目と耳の両方で楽しませていただきました(^.^)。


選曲も CD からのナンバーを中心に、師匠のこれまでのオリジナルや、最近凝っているというショーロの曲なども交え、私のリクエスト

にも応えていただいて、大満足でした。一緒に行った友人も、ライブ終了後即CD購入!「久しぶりにエエもん聞いた〜」と大喜びで

した!帰り道、「練習すっぞ〜!」と何度も思いましたです(^.^)。ありがとうございました!


「関西ツァー無事終了!!」 
 
おかげさまで、関西ツァー無事終了です。大阪のピアニスト多田恵美子さんを交えての、楽日は神戸元町は万屋ソウベエ。

 神戸は震災から10年、自分が住んでいたのは、20代のころだから、25年以上前??恐ろしい。見違えるように復興してモダンな町

になっておりました。

 年配の男性のお客さんも何人かいらっしゃるので聞いてみると、僕の本の読者、つまりサックスをやって人が多いのだ。もちろん

それはありがたいことなのだけど、何とかして一般の音楽好きな人たちとうま〜〜くコンタクトが取れるといいのだが・・

一家一族で実に来てくれたTさん、ありがとうございました。友のお方は、去年の大阪での、僕の演奏を聞いてサックスはじめたん

だね?素晴らしい。毎日毎日、違う場所に移動して、演奏し続けるということの、体力気力の勝負の日々、あまりにも色々な人

には出会うし、予想はしていたが、疲れる。

今回はレッスンも多少入れたが、やはり、気持ちの切り替えは大変。またホテルの予約、指定席の確保など、普段やっていない

業務は、頭が思考停止状態になって大変だった。


ツァーの集客に協力してくれた、生徒の久保崎君と、事務の香山には感謝だ。久保崎君は、ネット上の宣伝、チラシ送付、

ホテルの手配と、大活躍。香山は、友人と会うのにかこつけて、名古屋、神戸公演は何人か連れて客として来て盛り上げて

くれた。


 去年大挙してきていただいた、Tさん家族から「Water is wide」のリクエストいただき、喜んで演奏させてもらった。この曲人気

あるね?お疲れさまでした。(5/8横浜にて)


ページA ページB1 ページ2ページ3ページ4ページ5ページ6ページ
7ページ8ページ9ページ10ページ11ページ12 ページ13ページ/14ページ

home  最終更新日2014/10/27