Sax machines &
Seoul national orchestra
Concert 2003/11/17.

ページA ページB 1 ページ2ページ3ページ4ページ5ページ6ページ
7ページ8ページ9ページ10ページ11ページ/ 12 ページ /13ページ14ページ




菊地康正、野田ユカ(p)、堀田社長(タック)、

指揮者でリーダーのチャン・ドン・ジン先生


 
しばらく休止していたサックスマシーンズ復活のイベントは、韓国

でも有数なオーケストラ・ソウルナショナルシンフォニーオーケス

トラとの共演(2003/11/17)。


一部はオーケストラ、二部はサックス・マシーンズ、そして最後に

数曲菊地康正のオリジナル曲をサックス・マシーンズとオーケス

トラが共演した。


お陰様で100名様満席。 40年前、朝鮮戦争にで荒れ果て

た山を見た前埼玉県知事土屋氏は、豊かな森を取り戻すため

に、杉の種をドラム缶4本分韓国に送った。40年の時を経て、

それが素晴らしい森となって市民の憩いの場となっていることを

発見した日韓の草の根文化交流の有志が、韓国の作曲家と

日本の作詞家に依頼して完成したのが「森はふるさと」カンタータ

(オーケストラ作品テノール、ソプラノのソロと合唱付き)であった。

ここ数年は日本と韓国で交代に演奏会を開いて、不幸な歴史を

乗り越えて音楽で交流しようと言う試みが大成功を収めている

そうである。


今回は私の友人でもあり、韓国で音楽学校でサックスの生徒に

教鞭を執るキム・ビヨン・スー氏の紹介でチャン・ドン・ジン先生率

いるソウルナショナルオーケストラと共演の運びとなった。しかも

世界最高峰と言われる、ロシアのチャイコフスキー音楽院作曲科

教授P.Lando 氏が、私菊地康正の作曲作品4曲(サンバ東京

横浜、レゲェストリート、マンハッタン幻想、テイルズオブカントリー)

の素晴らしいオーケストレーションを付けてくださった。



 コンサートの前日には、埼玉県春日部市文化会館に出向い

て、その日韓文化交流のきっかけになった「森はふるさと」カンタ

ータを演奏するソウルナショナルオーケストラを聴いて来た。

なんと言ったらいいのだろうか?・・・深い感動を覚えた。

この国は、古くは百済、新羅。邪馬台国の時代から韓国とは

お付き合いがあった。そして中国文明を伝えてくれたばかりで

はなく戦争も有った。その歴史の織り込まれた壮大な叙事詩

とでも言うべき交響楽的、叙事詩的作品でした、芸術性の香り

も高く、また楽曲の良さも光っていましたが、まるで何百年もの

歴史を音で旅するような、不思議な体験を味わわせて頂いた

のであった。K

12ページ/16ページ

ページA ページB 1 ページ2ページ3ページ4ページ5ページ6ページ
7ページ8ページ9ページ10ページ11ページ/ 12 ページ
13ページ14ページ

home

最終更新日2014/10/27